【徳山競艇・レース展望】マクール杯争奪 徳山ヴィーナスシリーズ第14戦

<<この記事は徳山・マクール杯争奪 徳山ヴィーナスシリーズ第14戦のレース展望記事です>>

クイーンズクライマックス2020
ボートレース浜名湖 2020 12/26~12/31
クイーンズクライマックス開催まで
あと【78】日!

2020競艇女子獲得賞金ランキング

2020女子獲得賞金ランキング最新版はこちら
競艇女子賞金ランキング2020へ

徳山・マクール杯争奪 徳山ヴィーナスシリーズ第14戦・レース展望

ボートレース徳山では10月10日よりマクール杯争奪 徳山ヴィーナスシリーズ第14戦が開催されます(^_-)-☆
先月末からモーニングは三国・鳴門、そして今回の徳山と3連続。秋の透き通った朝の空気を彩るような日が続いていきます!
10月ということもあり期末の勝負がけも気になる時期となっています。また最大の懸念材料は台風🌀
前検日から初日、2日目あたりへの開催自体の影響も考えられ、通り過ぎた後も風向きの変化も不安ではあります。
まずは無事にシリーズが開催されることを祈るばかりです😓

【PR】今月№1オススメ競艇情報サイト
ドリームボート
今月おすすめの競艇情報サイトはドリームボートです!
情報サイトを利用して競艇で稼いでる人のほとんどがドリームボートを利用してるとの噂もあるみたいですが…ここのサイト、かなり良いですよ 🙂
今後、女子戦に特化したキャンペーンの予定もあるそうなので要チェックですね!
女子戦に特化したキャンペーンで結果を出しているサイトは優良そのものですからね(^_-)-☆
無料情報は少し波があるものの水準はクリアしていると思います。
無料情報の実績は以下の通りです↓
更新頻度 毎日4レースほど
無料予想的中率 70%以上
直近実績:2020年10月26日
的中レース:徳山12R|鳴門11R
合計獲得金:+40,000円獲得
⇒ドリームボートの無料会員登録はこちらから
※登録時の注意
icloudメールアドレス利用不可×
ヤフーメールなど他のアドレスで登録しましょう!

徳山・マクール杯争奪 徳山ヴィーナスシリーズ第14戦 -注目選手-

賞金ランクベスト12を目指す選手に田口節子選手、大瀧明日香選手、深川麻奈美選手、竹井奈美選手とA1選手が400万円差の中にいます。
来月末のレディースチャレンジカップへの争いも考えると深川選手や竹井選手は上積みがしたいところ。
しかし、今節も級別審査のボーダーライン(A1=6.20 A2=5.40)にかかる選手がシリーズを盛り上げると考えます(^_-)-☆

川野芽唯選手(6.45)はA1復帰へ余裕はまだあるところですが、賞金面で現在15位と好位置につけており、両方の意味での勝負がけとなるシリーズです。
近況も2節ごとに優出しており順番的に優出の番。
当地初優出を目論みます。

産休を経てA1復帰を目指すのは三浦永理選手(6.19)。
6期ぶりのA1復帰が見えてきました(^_-)-☆
8節中2回優勝している好相性水面を味方に少しでも上位を狙いたいところ。

自身初A1を目指す富樫麗加選手(6.28)も前回の三国で優出しラストスパート。
経験の少ない当地ですが気持ちでカバーしたいところです。

またA1をキープしたい鎌倉涼選手(6.16)も昨年11月に優出した以来の当地参戦。当時12走10連対としており、その再現が期待されます(^_-)-☆

活躍次第では一気の追い上げも可能な中村桃佳選手(6.09)と土屋実沙希選手(6.03)も注意が必要です!

A2勝負がけ組では樋口由加里選手(5.59)。
賞金もレディースチャレンジカップに当落線上と考えられ、どちらにしてもかなり気合いの入る6日間となりそうです💪

地元の佐々木裕美選手(5.53)も今節で確実にその座を固めておきたいところ!
昨年11月のオールレディースで優勝した再現を狙います。
天候に加え、勝負がけと断然イン有利と言われる徳山ですが波乱要素が十分あります。
秋の女子モーニングレース第3弾もお楽しみに!

【PR】AI「ミチカゼ」が完全勝利への最短ルートを提供!

人間の予想はもう古い!
AI(人工知能)ミチカゼが過去数十年のデータを蓄積・解析。
完全的中への独自の方程式で勝利に導いてくれます。

回収率&的中率:★★★★★
完成度が高い予想サイトで的中率は他のサイトより抜きん出ている!

【9/28更新】最近の的中実績
江戸川7R → 浜名湖8R コロガシ成功!
¥655,500
びわこ8R → 江戸川10R コロガシ成功!
¥255,500

⇒『花舟』の無料会員登録はこちらから

徳山・マクール杯争奪 徳山ヴィーナスシリーズ第14戦 -注目モーター-


※オフィシャル用語辞典より

今節使用されるモーターは5月中旬より使用されたもので5ヶ月が経過しています!

2連対率40%代は10機以上あり混戦模様。
先月行われたG1ダイヤモンドカップでの活躍を中心に注目モーターを挙げていきます!
まずは西山貴浩選手がG1初優勝した57号機
出足中心にシリーズをリードし続けました。シリーズを通して0台のスタートも連発。
行き足にも信頼がおけるモーターです。
気配急変でここ2節で連続優勝と勢いがあります。
2日目以降はオール2連対で優勝戦は3着の44号機は地元の白井英治選手が使用。
コンディションに合った仕上がりになっていると考えられます。
目立つ活躍は少なかったものの安定感はあり、今後の活躍も期待しています!

F持ちながら強力なメンバー相手に優出してきた藤岡俊介選手の61号機も活躍が目立ったモーターの1つ。
これで2節連続優出中!
1着こそなかったものの準優も内枠を獲得。
激戦の準優勝戦では熾烈な2位争いを制する舟足がありました。
シリーズで目立っていた18号機は古結宏選手がシリーズ4勝。
2節前には佐藤悠選手がチルトを跳ねてなかなかの伸びを見せていただけにしっかりと上位着を狙える仕上がりになっています。
勝率は現行モーターでトップの成績。注目されるモーターです!

シリーズ2日目に勇み足がありながら、その後外枠5走で4回の2着があった19号機もかなりの期待ができると思います。
初日にもオープニングカードに4コースからまくり差しての勝利しています。
これまで最多タイの4優出としていますが2人フライングを喫しておりスタートには注意したいかもしれません。

ここ3節でインパクトを残しているのは23号機
3節前には岡村慶太選手が節間7走で5勝し優勝戦3枠から優勝。2節前には福井の若手19歳の為本智也選手が5日目にセンター枠2走を連勝(^_-)-☆
前節では権藤俊光選手が特大のフライングというように何かと魅力を感じます。
その他、5月の67周年で優勝した55号機にも注目しています!
今回は18.19.23.44.55.57.61の7つを挙げてみました!

以上レース予想の参考になれば幸いです(^_-)-☆
たか店長でした!