ボートレース女子選手名鑑【長嶋万記】

今回は長嶋万記選手にスポットを当てます(^_-)-☆

長嶋万記選手ってどんな選手?

長嶋 万記(ながしま まき)
生年月日:昭和56年5月28日生まれ
出身:静岡出身
登録番号:4190
級別:A1級
登録期:91期
血液型:AB型

2002年の11月、ボートレース常滑にでデビューを迎える(5着)。2003年の2月にボートレースびわこにてデビュー初1着を挙げる。2009年ボートレース尼崎にてデビュー初優勝を達成。2013年のボートレース芦屋で開催された「G1第2回賞金女王決定戦」でG1初優出。2014年にはボートレース福岡の「SG第41回ボートレースオールスター」でSG初出場。実力・人気共にトップクラスの女子を代表するトップレーサーの一人です。

長嶋万記選手のレーススタイル

長嶋選手のレーススタイルを2019年の成績と共に見ていきます。まずは1コース。1着率は女子選手の中でもトップクラスの62%をマーク。3連対率でも87%と高い数字を残しています。1コースの強さも目立ちますが、2コースからでも1着率27%、3連対率は80%と抜群の数字。2コースは苦手な選手も多いとされていますが、長嶋選手は苦にしていない印象です。3コースでは1着率15%、3連対率65%。内コースではやや下がりますが、それでも高い数字だと言えます。4コースよりも高いのが5コースです。1着率12%、3連対率51%の4コースに対して、5コースでは1着率21%、3連対率57%と言う数字。アウトコースを苦にする選手が多い中で、これは注目の数字です。6コースではさすがに1着率が2%と極端に下がりますが、3連対率は30%と十分に絡める数字を残しています。

平均STが0.16、平均ST順が3.2の中で1コースはその数字を上回る0.13、平均ST順が2.6。人気を集める1コースでこれだけしっかりSTを行く長嶋選手にはファンの方も信頼できるでしょう。6コース以外では、0.14~0.16と一艇身前後の安定したST。勝つべきところでしっかりSTを踏み込んで、得意のハンドル捌きで1Mを抜け出す…。それが長嶋選手のレーススタイルとも言えそうです。

長嶋万記選手の主要獲得タイトル

開催日 競艇場 グレード 競走タイトル
2009年12月 尼崎 G3 女子リーグ戦競走第14戦クイーンロード2009
2011年10月 下関 G3 女子リーグ戦競走第7戦 ジュエルセブンカップ
2012年01月 戸田 G3 女子リーグ第1戦・第43回報知新聞社杯
2012年11月 住之江 G3 2012モーターボートレディスカップ
2013年02月 尼崎 G3 女子リーグ戦競走第9戦クイーンロード2013
2013年03月 宮島 G3 2013女子リーグ第10戦みやじまカップ
2014年12月 桐生 G3 第47回サンケイスポーツ杯・G3オールレディース
2016年05月 浜名湖 G3 オールレディース 浜名湖ビューティーカップ
2016年10月 三国 G3 オールレディース 三国レディースカップ
2016年11月 江戸川 G3 オールレディース江戸川女王決定戦キリンカップ
2017年02月 尼崎 G3 オールレディース競走 純烈祭
2017年09月 G3 津オールレディース上富良野町友好都市20周年
2018年01月 住之江 G3 2018MBレディスC<オールレディース競走>
2018年04月 三国 G3 オールレディース 三国レディースカップ
2018年08月 G3 津オールレディース
2018年09月 常滑 G3 オールレディース競走レディース笹川杯
2018年10月 蒲郡 G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
2019年09月 浜名湖 G3 オールレディース HamaZoカップ

長嶋万記選手の近況・ニュース

2020年02月13日 ボートレース浜名湖にてスマホで確定申告のPR

ボートレース浜名湖でおこなわれたスマーフォンでの確定申告PR記者会見に出席されました(^_-)-☆
勝負服のままスマホ片手に確定申告の模擬体験をする長嶋選手(笑)

長嶋万記選手のプライベートに迫る!

長嶋選手はボートレース以外にも、「マキプロジェクト」と言う名の様々な社会貢献や福祉活動にも積極敵に行われています。


自分がレースで走って稼いだお金や、チャリティーオークションを通して得たお金を寄付したりしているそうです。地元の静岡の選手や、女子選手も一緒に活動を行っていますね。

また、レースがない時は娘さんに時間を費やすという長嶋選手。家族で買い物などによく出かけるみたいですね(^_-)-☆

今後の期待度&まとめ

G3は18度の優勝、実力は誰もが認める長嶋選手だけに、まだG1タイトルがないのが不思議です。1つ取れば量産する可能性も十分ですから、今度こその思いは誰よりも強いはず。男子選手にもヒケを取らない長嶋選手だけにSGでの活躍にも期待です。

SNS

長嶋万記選手公式ブログ【長嶋万記のバードアイ】